警報が2段階

| コメント(0) | トラックバック(0)

名古屋イタリア村が、経営破綻のため7日から休業だそうです。

茨城県沖を震源に、地震があったようですね。怪我など被害はないですか?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
さてさて、今日、それ以外に気になった話題は、またまた光化学オキシダントに関連するお話。

GW中(5月3日)に、倉敷市内で光化学オキシダントによる健康被害が報告され、情報の発令もすでに3回もだされている今年の状況ですが

岡山県は、警報の発令基準をさげて、二段階にすることにしたようです。

今朝の新聞をみると
0.4ppm以上の濃度になると発令していた、光化学オキシダント警報を、
・0.24ppm以上で一次警報・・・・→ 県内の工場にNOxの30%削減を求める
・0.4ppm以上で二次警報・・・・→ 県内の工場にNOxの40%削減を求める
とするようです。

ちなみに、
環境基準は、1時間値が0.06ppm以下であること。

「情報」は1時間値が0.1ppm以上となり、気象条件からみて継続するおそれがある場合
「注意報」は1時間値が0.12ppm以上となり、気象条件からみて継続するおそれがある場合

倉敷市の場合は
情報が2つにわかれていて
「情報1」は環境基準を目安として上昇のおそれがある場合
「情報2」は1時間値が0.1ppm以上となり、気象条件からみて継続するおそれがある場合(他地域の「情報」に該当する)

となっています。

とはいえ、警報がでるような事態にはならないようにしたいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/164

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき