2014年7月アーカイブ

2014年7月28日月曜日、倉敷南高校の1年生22名と先生1名が、

水島のフィールドワークに来られました。

(受け入れをみずしま財団が担当)

高校生1-1.jpg

倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、

地域開発と公害の歴史のお話を藤原がしました。

 

インターネットにつないで、記録で見る大気汚染と公害のHP(環境再生保全機構)

を使い、映像をみてもらいました。

 

自由見学では、エコギャラリーに設置している「公害と子どもたちの暮らし」のパネルや、

県産材で内装されているエコライブラリーでは、環境展示パネルを見ていただきました。

 

その後は、バスで鴨が辻山の展望台に行きました。

高校生2.jpg

塩飽研究員の3択クイズが好評でした。

高校生のみなさんは、目に見える風景を楽しく学びながら、考えてもらえたようです。

7月27日(日)みずしま財団恒例の八間川調査(夏調査)を
開催しました。

今回も、倉敷市環境学習センター連携講座としての開催となりましたが、
非常にお申し込みが多く、49名の参加がありました。

そのため、今回は2グループに分け、東川町公民館での水質調査体験&講演と
大根洗い場での生きもの観察を同時進行で、途中入れ替えて実施しました。

DSCN5156.jpg

岡本昌也氏(倉敷市環境学習センタ―)による水質のお話

 

P7273997.jpg

みんなで一斉に生きものさがし

 

水質に関するお話しも生きもの観察も、参加者に好評で
身近な自然や環境について改めて考えるきっかけとなった
という感想を多くいただきました。

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

 

夏休みも始まったばかりの7月23日(水)、水島エコクルーズ体験を実施しました。

これは、倉敷市環境学習センター主催の夏休み親子向け企画「自由研究のタネ」の
一環として開催されたもので、みずしま財団は協力団体として、進行・解説を行いました。

エコクルーズ体験では、観光船による水島コンビナート・瀬戸内海クルーズ、
六口島での散策や、倉敷市環境学習センターでの行政の取組についてのお話など、
盛りだくさんの内容でした。

 

DSCN5084.jpg

水島港からクルーズ船に乗り込みました

 

DSCN5103.jpg

六口島では、像岩を眺めながら海岸散策

 


参加者には、体験を通じて、水島の自慢できるところを「水島のいいね!」として探してもらいました。

この日に皆さんで見つけた「水島のいいね!」については、後日改めてご紹介します。

 

ハンズオン講座.jpg

倉敷市環境学習センターで、7月27日(日)14~16時、

染川香澄さんを招いて、講座を開催しました。

これはインタープリター養成講座(倉敷市環境学習センター連携講座)の第一期として、

開催したものです。

 

★講師の言葉で印象に残ったこと

展示は発表の場ではない。一般の方に研究の成果をつたえ、見た人一人一人に役に立つものでないといけない。

展示を作るには、チームを作る。そのチームは違うタイプの人で構成する。批判しあって、フラットな関係でものが言えてよいものができていく。

ハンズ・オン展示とは、本人自らが探求してみようとするその行動を促す展示。単にボタンを押したら動く、ではだめ。

.施設の使命(ミッション)と展示:時代によって使命が変わる、見直す作業・問い続けていくものである。例:"学ぶ文化"を創り出すというある科学館の使命

 

90枚の写真スライドと、講師の熱いトーク(京都弁!)に、そして、質疑応答ももりあがり、

熱気あふれる講座となりました。

 

第二期は、10月25日10:00~17:30、26日10:00~15:30で、実際にワークショップで展示をつくる作業をします!!

お早めにお申し込みください。

 

 

 

人と自然、人と人をつなぐインタープリター養成講座
「見て、さわって、伝わる参加型展示を学ぼう!」
開催が、今週末(7月27日)に迫ってきました。

「人に思いを伝えたいのに、なかなかうまく伝わらない」、
「もっと効果的に伝える方法を知りたい」といった
お悩みをお持ちの方、必見です!!

参加型(ハンズオン)展示という手法を通じて、
これまでとは少し違った伝え方を学びましょう。
皆さんの活動を今後さらに発展させていく上で、
有意義な学びの多い講座になること請け合いです。

まだ定員に余裕がありますので、
参加しようか迷っているあなた、
ぜひこの機会をお見逃しなく!

img-612180627-0001.jpg

 

img-718164951-0001.jpg

もうすぐ子どもたちの夏休みがはじまります。

みずしま財団では、"夏休み環境展"を

倉敷市環境学習センターエコギャラリーで開催します。

 

第一期 7月18日~8月10日

公害と子どもたちの暮らし

 

第二期 8月11日~8月31日

海底ごみと私たちの暮らし

 

地域のこと、環境のこと調べるのにぴったりです。

ぜひ、見に来てくださいね。

土曜日・祝日は休館です。(休みの日7/19,21,26、8/9、16、30)

展示 ちらし.jpg

 

先日来、本ブログ等でご案内をしておりました、
第56回八間川調査隊(7月27日)、
海辺のエコしらべ(8月24日)は、
たくさんの方にお申し込みをいただきまして、
いずれも定員に達しました。

特に、八間川調査隊は、特に制限を設けていなかったのですが、
お申し込みが非常に多数となったため、
安全面などを考慮し、お申し込みを締め切りとさせていただきました。

これから参加申し込みを考えていた方には、
大変ご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

倉敷の新たな魅力である、「くらしき百景」を自転車で訪ねながら、
エコな交通について考えるプロジェクトの第8回、
「自転車で倉敷のいいところを探しに行こう!」
(主催:倉敷・総社温暖化対策協議会交通システムグループ、みずしま財団)を、
6月28日(土)に開催しました。

梅雨の時期で天候が少し心配されましたが、何とか天候も回復し、無事開催することができました。
当日は、子どもさん1名を含む7名の参加者(スタッフ含む)でした。

本イベントを通じて、自転車というエコな交通を見直し、観光面でも
自動車交通から自転車や公共交通へのシフトを促すことを目的に開催しています。
今回は、倉敷美観地区~藤戸寺までの往復15.1㎞ということで、
自家用車だと2.6kg/1名、7名の参加者で約18.2㎏のCO2排出量を
ゼロにすることができた計算になります。
 (※交通エコロジー・モビリティ財団資料より)


まず、倉敷公民館で開会です。
交通システムグループリーダーの文箭誠さんから挨拶があり、
その後スケジュールや注意事項の説明を行いました。

 

 

P6283731.jpg

最初は、「くらしき百景第74景」である楠戸家住宅に寄りました。
当日は、お隣の町家トラストで朝市をされており、トラストの中村泰典さんが、
旧街道や町家のつくりなどについて詳しく解説してくださいました。


そこから「くらしき百景第75景」の倉敷川沿いを下っていき、「くらしき百景第25景」藤戸寺に到着しました。

P6283732.jpg

 


沙羅の花の見ごろは少し過ぎていたようですが、数輪の白い可憐な花を見ることができました。

P6283743.jpg

 

藤戸寺では、今回新たな試みである、スケッチを行いました。
これは、スケッチをすることによって、後々見かえした時に、その時に印象に残ったものを
より思い出しやすくなるという思い出づくりのツールとして取り組んだものです。
皆さんそれぞれ興味を持った場所で、熱心にスケッチをされていました。

P6283746.jpg

 


その後、藤戸まんじゅう、「くらしき百景第34景」天城協会に立ち寄り、
倉敷公民館に帰りました。


倉敷公民館では、スケッチの講評と、振り返りとまとめをして終了。
参加者からは、まちの再生の話がよかったという声や、何十年ぶりに
スケッチをしたという方も楽しんで描くことができたと感想をいただきました。


楽しみながら、エコな交通について考える本イベント、
次回は秋頃に開催の予定です。

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき