笑顔いっぱい、子どもの自然体験・まちづくり

| コメント(0) | トラックバック(0)

子どもの自然体験の大切さを学ぶ講演会や野外研修、
そして子どもの育ちを支えるまちづくりについて考える
ワークショップを開催します。

近年、子どもたちの外遊びが減り自然の中での経験の
機会が減ってきています。
しかし、子どもの自然体験が協調性や積極性を醸成する上で
重要な役割を果たし、まちへの愛着も育むと言われています。

子どもの自然体験を地域で支え、楽しく続けていくためには
どうしたらいいのか?

本講座を通じて、「みんなで子どもを育てているまち」について
一緒に考えましょう!


「笑顔いっぱい、子どもの自然体験・まちづくり2014」

1.講演会「笑顔いっぱい、子どもの自然体験」
  日時:9月25日(木)10:30~11:30
  場所:倉敷市立第五福田幼稚園

2.野外研修「ぼく・わたしが見つける"水島の秋" ~初めてのカメラマン体験~」
  日時:11月1日(土)10:00~12:00
  場所:水島中央公園
 
3.ワークショップ「幼稚園・保育園児のための遠足プログラムづくり」
  日時:11月22日(土)10:00~12:00
  場所:倉敷市環境学習センター


詳細は、案内チラシをご覧ください。

 

img-918091002-0001.jpg

 

img-918091010-0001.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/754

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき