【開催報告】瀬戸内海海ごみフォーラムinおかやまを開催しました

| コメント(0) | トラックバック(0)

11月23日(金・祝)、「瀬戸内海海ごみフォーラムinおかやま」を 開催しました。

当日は、県内外から、自治体職員や高校生、大学生、海の環境に関する活動を

行っている市民など79名の参加がありました。

本フォーラムは、海ごみ問題について、瀬戸内沿岸各県からの取り組み報告や、

パネル展示を通じて、みんなで本問題についての理解を深め、 連携した取り組みを

進めるきっかけとしていただくことを目的に、 岡山県の主催で開催されました。

PB234030.jpg

司会・進行は、田淵泰子氏でした。

PB234031.jpg

開会に当たり、岡山県環境文化部 片山誠一部長によるご挨拶がありました。

PB234040.jpg

来賓あいさつとして、環境省中国四国地方環境事務所

 牛場雅己所長から、 ご挨拶をいただきました。

PB234043.jpg

まず、基調講演として、磯部作 放送大学客員教授に

「海ごみ問題の最近の状況と課題」と 題して、

国も含めた対策の現状、発生抑制に向けた具体的な提案など

について お話しいただきました。

そして、今年度豪雨災害による海域への流出物の影響から、今後予想される 南海トラフ巨大地震での海ごみの発生についても紹介され、対策の重要性を 改めて説明されました。

その後は、瀬戸内沿岸各地域での取り組み報告がありました。

PB234058.jpg

報告① 特定非営利活動法人アーキペラゴ(香川県)

     谷光承氏

PB234060.jpg

報告② 山口県 環境生活部 廃棄物・リサイクル対策課

     林武男氏

PB234069.jpg

報告③ ビーチクリーンしまなみ(愛媛県)

     春木信二氏

PB234072.jpg

報告④ 日生町漁業協同組合(備前市)

     天倉辰己氏

PB234078.jpg

報告⑤ 山陽女子中・高等学校地歴部

最後に、質疑応答、意見交流がありました。

PB234015.jpg

PB234066.jpg

また、開会前にポスターセッションを行い、報告団体をはじめ、

各地での取り組みが紹介され、和やかな雰囲気での意見交流が 行われていました。

瀬戸内海における海ごみ対策では、内陸部も含めた発生抑制対策と、

沿岸各県の自治体や市民団体の連携が不可欠です。

本フォーラムが、その取り組みのきっかけとなり、今後 具体的な取り組みが進むよう、

当財団としても引き続き 取り組んでいきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/1189

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき