【開催報告】シンポジウム「若者の学びでつくるまちのにぎわいin水島」

| コメント(0) | トラックバック(0)

11月8日(金)に、みずしま滞在型環境学習コンソーシアムの今年度の活動報告と

持続可能な地域づくりについて共に考えることを目的とした、シンポジウムを開催しました。

古川副会長の開会あいさつの後、塩飽より、進捗報告を行いました。

続いて、活動報告①として、岡山大学岩淵助教より8月に「パーキングデイイベント」と

連携して 開催したモデルツアーの報告がありました。

PB086093.jpg

その後、倉敷古城池高校生から地域での学びの取り組み報告がありました。

古城池高校生からは、地域の活性化に向けた「水島プラットフォーム」構想の提案がなされました。

PB086116.jpg

後半は、(一社)高梁川プレゼンターレの坂ノ上博史氏のコーディネートで

全員参加型の ワークショップを行い、キーワードを元に持続可能な地域づくりの

可能性について議論しました。

PB086129.jpg

参加者からは、「多世代の交流に刺激を受けた」「パーキングデイは面白そうで、

参加してみたい」 といった感想があり、シンポジウムが様々な世代が連携した

持続可能な地域づくりのきっかけになれば幸いです。

シンポジウムは、地域活性化を目指した「臨鉄ガーデン」イベントと組み合わせる形で

開催しており、 参加者に案内を行いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/1215

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき