海の環境の最近のブログ記事

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

少し時間がたってしまいましたが、9月29日に セミナー

「持続可能な地域づくりに向けた若者の学び」を開催しました。

台風の接近により、開催も危ぶまれましたが、小学生から 高校生、

大学生、社会人と幅広い層から77名(報告者、スタッフ含む) の参加により、

無事開催することができました。

DSCF5673.jpg

白井信雄教授(山陽学園大学)の問題提起を受け、岡山県内外で 活躍する

各団体からの活動報告を聞き、最後にワークショップで 「自分たちに何ができるか」、

「海ごみを無くすために何が必要か」など、 多様な世代による話し合の場となりました。

各団体による活動発表では、「イオン倉敷チアーズクラブ」や、

「山陽女子中・高等学校地歴部」の若い世代による活動報告は、

大人たちに大いに刺激になったようです。

愛媛県から参加いただいた「E.Cオーシャンズ」岩田功次氏による、

「若い世代に海ごみを拾わせるのではなく、きれいにして楽しい思い出を

作らせてあげたい」というお話は、深い感銘を受けました。

海洋建設(株)片山貴之氏による、貝殻を利用した漁礁や海洋教育の お話は、

多様な視点を持つことの大切さを改めて感じました。

DSCF5706.jpg

ワークショップでは、6つのグループに分かれましたが、それぞれ 大学生が

ファシリテーターとして話し合いをリードし、短い時間でしたが、

有意義な交流ができたと思います。

今回の企画のご提案をいただき、事前準備等から大変な協力をいただいた

倉敷市環境政策課の岡本様、多田様、白井先生、司会を務めていただいた 田淵泰子様、

発表者の皆様、そして参加者の皆様、本当に ありがとうございました。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

大学生と社会人のための学びのツアーのご案内です。

高梁川流域・備讃瀬戸海域で海ごみの現状や、

環境保全の活動について 関係者から話を聞き、

私たちにできることを考える2日間です。

持続可能な海について考え、行動につなげる学びがここにあります。

今回は、1泊2日のツアーとして開催し、 水島コンビナートの

夕日を眺めながらのクルーズもありますよ!

ぜひ、ご参加ください。

【開催概要】

 日時:2018年11月24-25日(土-日)

 集合場所:倉敷駅西ビル横

 定員35名

 参加費:15,000円

  上記料金には、バス代、宿泊費、食事代、企画料が含まれます。

 お問い合わせ   電話:086-440-0121

  メール:webmaster@mizushima-f.or.jp

 詳しくは、案内のチラシをご覧ください。

※本研修は、平成30年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて実施します。

20181124-25 model ture(omote).jpg

20181124-25 model ture(ura).jpg

環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会では、

平成30年3月に「みずしま滞在型環境学習コンソーシアム」を立ち上げ、

国連が2015年に定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成し、

持続可能な地域づくりの実現に資することを目指しています。

SDGsでは、「14.海の豊かさを守ろう」、「11.住み続けられるまちづくりを」

という目標が掲げられています。

瀬戸内海の環境問題について取り組む、若い世代の活動報告を聞き、

持続可能な海や地域づくりのために自分たちにできることを考えましょう。

詳細は、添付のチラシをご参照ください。

ぜひご参加ください。

【開催概要】

 日時:平成30年9月29日(土)14:00~16:30

 場所:ライフパーク倉敷 視聴覚ホール

 定員:30名程度

 対象:倉敷市内の中学生・高校生、持続可能な地域づくりに取り組む

    団体関係者、関心のある市民 など

 参加費:300円(資料代として)(高校生以下無料)

 講師・コーディネーター:白井信雄氏(山陽学園大学)

 司会:田淵泰子氏(フリーアナウンサー)

 協力:倉敷市環境政策課(担当:岡本、多田)

 スケジュール:

   イオン倉敷チアーズクラブの発表

   問題提起:持続可能な地域づくりに向けた学び

           講師:白井信雄氏(山陽学園大学)

   活動発表①「瀬戸内海の海底ごみ問題について」

            山陽女子中・高等学校 地歴部

   活動発表②「海の環境再生に向けた学びの取組」

            岩田功次氏(ECオーシャンズ・愛媛県)

   活動発表③「貝殻やアマモを通じた地域をつなぐ海洋教育について」

          片山貴之氏(海洋建設株式会社)

   ワークショップ:海のために私たちができること

20180929 umigomichirashi.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

6月2日(土)に、水島愛あいサロンで開催された

「くらしき環境フェスティバル2018」にブース出展し、

ビーチグラスアクセサリー作り体験を実施しました。

私たちの生活から廃棄されたガラスごみが、

川を伝って 海岸に流れ着いたビーチグラス。

このグラスを使ったアクセサリー作りを体験し、

その後、環境紙芝居として、海ごみ問題について お話をしました。

DSCF4760.jpg

体験を通じて、海の環境問題について考えるきっかけにしてほしいと 実施しています。

毎回、定員いっぱいのご参加があり、楽しみながら 海ごみについて

考えていただけたのではないかと思います。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月20日(木)、海辺のエコしらべを開催しました。

児島通生海岸で、指標生物(イボニシ、カメノテ)の数を数える 生きもの調査や、磯の生きもの観察を行いました。

指標生物調査では、イボニシが2179個体、カメノテが318個体確認されました(10m×5m)。

市内の親子12組(29名)の参加があり、暑い中ではありましたが、 普段触れる機会の少ない倉敷の海辺で熱心に生きもの探しをし、 改めて自然の豊かさ、大切さを感じたようでした。

P7201131.JPG

P7201135.JPG

P7201138.JPG

P7201151.JPG

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

11月12日(土)に、今年2回目となる「海と日本プロジェクト 海をもっと知ろう!」(漁業体験)を
開催しました。

普段あまり見ることのない漁業を体験することで、海と私たちの
暮らしとの関わり、そして海ごみの問題を知ってもらい、
体験したことを周りの人に広げることを目的とした企画です。

参加者は、親子8組(19名)でした。

当日は、絵にかいたような秋晴れの空の下、寄島三郎島漁港に集合し、
簡単な注意事項等の説明を行った後、早速3隻の漁船に乗りこみました。

IMAG0615.jpg

今回も、小型底曳網漁業を体験してもらいました。
なかなか見ることのできない漁業の現場に、参加者の皆さんは興味津々でした。

網を漁師さんが空けると、シロシタビラメ(ゲタ)やシャコ、
ワタリガニ、エビなどが出てきました。
今回は、シャコやエビが特に多かったです。
参加者は、それらを選り分ける体験をしていただきました。

PB120106.jpg

何と、今回はスナメリもちょっとだけ顔をのぞかせていました(残念ながら、写真はありませんが...)。

また、魚介類と一緒に網にかかってくる海底ごみも一緒に回収し、
港に帰ってから、参加者の子どもさんに協力してもらい、
その重量を計測しました。

PB120118.jpg

身の回りにあるごみ(空き缶やポリ袋、魚焼き用の網など)が
海の底から上がってきていることに、皆さんおどろいた様子でした。


漁業体験後は、寄島町漁業協同組合の事務所に移動して、
瀬戸内の幸を活かしたお弁当を食べました。
この時期ならではのワタリガニやシャコに皆さん舌鼓を打っていました。

PB120141.jpg

食後は、福田富男先生(吉備国際大学)によるお魚の解説がありました。
ナマコやウニ、貝類など、普段食卓に上がらない魚介類の解説もあり、
海の生きものの多様性を感じることができました。

PB120149.jpg


最後は、今日の体験で感じたことや気づいたことを
大切な人に届けようということで、絵手紙づくりを行いました。

PB120164.jpg

PB120158.jpg


皆さん一生懸命思いを込めて描いていただきました。

とても素敵な作品ができました。

PB120165.jpg

PB120166.jpg

参加者からは、「子どもの目が輝いていた」、「帰った後もまわりの方に
こういうことがあったと話したい」といった感想をいただきました。

漁業体験や、絵手紙を通じて海に関心を持ってくれる人が
たくさん増えることを願っています。

※本イベントは、「海と日本プロジェクト2016」(日本財団)の一環で開催しました。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月に開催した「海をもっと知ろう!漁業体験」の
第2回目(11/12)の申し込み締め切りが、10/28となっております。

30名定員に現在23名のお申し込みをいただいておりますので、
もう7名分定員に余裕があります。

どうしようか、まだ迷っておられる方、ぜひこの機会に
親子で海の思いでづくりをしませんか。

皆さんのご参加をお待ちしています。


本イベントは、日本財団「海と日本プロジェクト2016」の一環として開催します。

20160624115248_ページ_1.jpg

20160624115248_ページ_2.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月24日(日)に、「海と日本プロジェクト 海をもっと知ろう!」(漁業体験)を
開催しました。

普段あまり見ることのない漁業を体験することで、海と私たちの
暮らしとの関わり、そして海ごみの問題を知ってもらうことを目的に開催しました。

参加者は、親子13組(38名)でした。

当日は、寄島三郎島漁港に集合し、簡単な注意事項等の説明を
行った後、早速3隻の漁船に乗りこみました。

P7240117.JPG

今回は、小型底曳網漁業を体験してもらいました。
なかなか見ることのできない漁業の現場に、参加者の皆さんは興味津々でした。

IMAG0457.jpg

P7240135.JPG

網を漁師さんが空けると、シロシタビラメ(ゲタ)やシャコ、
イシモチなどの魚やカニ、エビなどが出てきました。
参加者は、それらを選り分ける体験をしていただきました。


漁業体験後は、浅口市ふれあい交流館サンパレアに移動して、
瀬戸内の幸を活かしたお弁当を食べました。

P7240152.JPG

食後は、福田富男先生(吉備国際大学)によるお魚の解説がありました。
ヒラメは、生まれてすぐは普通の魚と同じように体の左右に眼があるという
お話しやワタリガニの説明などを熱心に聞いていました。

P7240161.JPG

その後は、塩飽から海底ごみの測定をしたり、海ごみの問題の
解説などを行いました。

最後は、今日の体験で感じたことや気づいたことを
大切な人に届けようということで、絵手紙づくりを行いました。

P7240164.JPG

P7240166.JPG

中にはとれた魚をスケッチしながら絵手紙を作成する子どもさんもいて
皆さん一生懸命思いを込めて描いていただきました。

とても素敵な作品ができました。

P7240170.JPG

漁業体験や、絵手紙を通じて海に関心を持ってくれる人が
たくさん増えることを願っています。

※本イベントは、日本財団「海と日本プロジェクト2016」の一環として開催しました。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月19日(火)に、岡山大学グローバルパートナーズ
2016年度日本サマースクールツアーの研修受け入れを行いました。

本ツアーは、岡山大学が受け入れをしている中国の上海理工大学の
30日間のプログラムで、その最初の研修である水島・豊島ツアーを
みずしま財団が企画・運営しました。

参加者は、39名(学生36名、引率3名)でした。

本プログラムは、経済発展の光と影ということで、日本の産業発展と
その負の側面として発生した水島の大気汚染公害と豊島の産廃不法投棄事件
について現場から学び、未来について考えるきっかけとなることを目指しました。

P7190059.JPG

当日は、宇野港から豊島にチャーター船で渡り、産業廃棄物の
不法投棄事件について、廃棄物対策豊島住民会議の方から
レクチャーをしていただきました。

P7190074.JPG

P7190084.JPG

その後、船で水島まで瀬戸内海クルーズをしながら、水島の
公害問題、海の環境問題、そして現在の水島での協働の取組み
などについてレクチャーをしました。

最後に、JFEスチールの工場見学をして、水島コンビナートの
産業力・技術力について学んでいただきました。

学生さんたちは、それぞれのレクチャーを熱心に聴き、
質問をしていました。
この経験が、将来に活かされることを願っています。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

6月は、環境月間です。

様々なイベントなどが取り組まれていますが、みずしま財団では、
6月といえば、「環境月間における倉敷市との懇談会」です!

2003年から継続して開催し、14回目となる今年は、高梁川流域
に着目し、海ごみ対策について考えます。

海ごみの多くは、陸域で発生し、川を伝って海域へ流入している
ことから、内陸部も含めた流域での対策が欠かせません。

そこで、海に面していないにもかかわらず、海ごみ対策を
市民・行政等の協働で取り組んでいる京都府亀岡市の取組みを
ご存知でしょうか?

今回は、この亀岡市での取組みを主導している「NPO法人プロジェクト保津川」の
代表理事であり、大阪商業大学准教授の原田禎夫氏を講師にお迎えします。

保津川での事例を学び、倉敷ではどのような取組ができるのか、
「流域思考」で課題解決を考えたいと思います。

環境問題だけではなく、「流域」での取り組みを考えておられる方、
また若い人や企業を巻き込みながら社会を動かしていくことに
関心のある方、きっと有意義な学びになること請け合いです。

ぜひ、ご参加ください。


~~~環境月間における倉敷市との懇談会~~~

日時:6月29日(水)13:00~16:00
場所:倉敷消防署 講堂
   (倉敷市白楽町162番地5)
   ※駐車場に限りがあるため、公共交通機関、あるいは乗り合わせて
    ご参加ください。
主催:公財)みずしま財団
定員:40名程度
対象:NPO・環境団体、関心のある一般市民の方、企業の方、倉敷市職員

【お問い合わせ・お申し込み先】
 公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)
 TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
 e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

20160614171221-0001.jpg

20160614171221-0002.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき