その他の最近のブログ記事

2021年6月14日(月)

4年生3クラスにて、みずしま財団の塩飽さんとの中平さんによるSDGsとごみについての授業を倉敷市立第四福田小学校で行いました。4年生3クラスで実施です。

第四福田小学校は学校全体でSDGsを学ぶことを掲げており、「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」(事務局:みずしま財団)が協力することになりました。

最初に塩飽さんからSDGsの説明をした後、瀬戸内海での海ごみ事情について伝えました。海ごみの写真を見た4年生から驚きの声があがりました。

中平さんから、ごみの現状についてクイズ形式で問いかけがあり、日本人が出しているごみの多さにみんなびっくり。食品ロスやエネルギーについて考え、一人一人ができることの問いかけを持って授業が終了しました。

IMG_3649.jpg

IMG_3678.jpg

新型コロナウイルスの緊急事態が発生中ですが、「世界一の環境学習のまち みずしま」にむけた取り組みを着実に実践していきます。環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会では、授業のサポートをしますのでぜひお声掛けください。

瀬戸内研究所(みずしま財団)では、海ごみ問題の解決に向けて、
瀬戸内海を中心に内陸部の河川、用排水路も含めた実態把握調査や、
回収・処理の推進に向けた調査研究を進めています。

どうぞよろしくお願いいたします。


≪所長挨拶≫

瀬戸内研究所所長(みずしま財団理事)
 磯部 作(元日本福祉大学教授、前放送大学客員教授)


 瀬戸内海の環境問題は重大な問題である。1960年代からの高度経済成長期には工場排水などによる海の汚染が重大な問題であったが、1990年頃からはプラスチック類などによる海ごみ問題が重大な問題になってきている。
私は、1970年頃から瀬戸内の漁業や開発と公害環境問題などの調査研究を行っており、1990年代からは瀬戸内海国立公園のごみ問題、2000年頃からは瀬戸内海の海ごみ問題、なかでも海底ごみの調査研究を行い、漁業者による海底ごみの回収なども推進してきた。
 海ごみは、川などからの流入が約8割を占めているため、海ごみ問題を解決するためには、管理者である行政が責任をもって川や用排水路などからのごみの流出を防ぐこと、さらに廃棄段階だけでなく、製造から流通、消費段階において、企業などが十分な対策を実施し、徹底的なごみの発生抑制を行うことが重要である。また、行政が責任をもち住民などと協力してのごみ回収、さらには循環型社会を実現するためのごみの処理が必要である。
このため、瀬戸内研究所では、海ごみ問題の解決に向けて、瀬戸内の海ごみ問題の実態調査を海だけでなく、流入する川や用排水路も含めて実施するとともに、海ごみの発生抑制や回収、処理についての調査研究を進めている。

IMG_5004.jpg

みずしま財団設立20年記念事業の一環として、

パネル展「水島の過去・現在・これから」を

倉敷市水島支所1階ロビーで開催しています。

IMG_0923.jpg

展示内容は、みずしま財団がこの20年間で取り組んできた 八間川調査、

海ごみ調査、呼吸リハビリ、環境学習による まちづくりの取り組みになります。

IMG_0924.jpg

みずしま財団のシンボルマークの原画と その由来についても展示しています。

展示期間は、2月10日(月)までとなっております。 ぜひ、お越し下さい。

IMG_0925.jpg

※パネル展は、今後以下の日程、会場で開催予定です。

・水島協同病院1階ホール  3月2日(月)~3月9日(月)

・倉敷市役所本庁1階ロビー  3月23日(月)~3月30日(月)8:30~17:15(土日祝日を除く)

みずしま滞在型環境学習コンソーシアム主催のモデルツアーを

11月23-24日(土-日)に開催します。

今回は、「コンビナートと隣り合うまちと農漁業の今」をテーマに、

漁業者との交流や、水島での木村式自然栽培の取り組み、

まちの活性化を目指した取り組みを通じて、持続可能な地域づくりに

ついて 学びます。

コンビナートクルーズや、地元の食材を活かした食事もあります。

まちづくりや農漁業の現状を通じて、持続可能な地域づくりを実際に体験しませんか。

詳細は、添付のチラシをご参照ください。

ぜひ、ご参加ください。

2019.11.23-24 chirashi omote.jpg

2019.11.23-24 chirashi ura.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

大学生と社会人のための学びのツアーのご案内です。

高梁川流域・備讃瀬戸海域で海ごみの現状や、

環境保全の活動について 関係者から話を聞き、

私たちにできることを考える2日間です。

持続可能な海について考え、行動につなげる学びがここにあります。

今回は、1泊2日のツアーとして開催し、 水島コンビナートの

夕日を眺めながらのクルーズもありますよ!

ぜひ、ご参加ください。

【開催概要】

 日時:2018年11月24-25日(土-日)

 集合場所:倉敷駅西ビル横

 定員35名

 参加費:15,000円

  上記料金には、バス代、宿泊費、食事代、企画料が含まれます。

 お問い合わせ   電話:086-440-0121

  メール:webmaster@mizushima-f.or.jp

 詳しくは、案内のチラシをご覧ください。

※本研修は、平成30年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて実施します。

20181124-25 model ture(omote).jpg

20181124-25 model ture(ura).jpg

環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会では、

平成30年3月に「みずしま滞在型環境学習コンソーシアム」を立ち上げ、

国連が2015年に定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成し、

持続可能な地域づくりの実現に資することを目指しています。

SDGsでは、「14.海の豊かさを守ろう」、「11.住み続けられるまちづくりを」

という目標が掲げられています。

瀬戸内海の環境問題について取り組む、若い世代の活動報告を聞き、

持続可能な海や地域づくりのために自分たちにできることを考えましょう。

詳細は、添付のチラシをご参照ください。

ぜひご参加ください。

【開催概要】

 日時:平成30年9月29日(土)14:00~16:30

 場所:ライフパーク倉敷 視聴覚ホール

 定員:30名程度

 対象:倉敷市内の中学生・高校生、持続可能な地域づくりに取り組む

    団体関係者、関心のある市民 など

 参加費:300円(資料代として)(高校生以下無料)

 講師・コーディネーター:白井信雄氏(山陽学園大学)

 司会:田淵泰子氏(フリーアナウンサー)

 協力:倉敷市環境政策課(担当:岡本、多田)

 スケジュール:

   イオン倉敷チアーズクラブの発表

   問題提起:持続可能な地域づくりに向けた学び

           講師:白井信雄氏(山陽学園大学)

   活動発表①「瀬戸内海の海底ごみ問題について」

            山陽女子中・高等学校 地歴部

   活動発表②「海の環境再生に向けた学びの取組」

            岩田功次氏(ECオーシャンズ・愛媛県)

   活動発表③「貝殻やアマモを通じた地域をつなぐ海洋教育について」

          片山貴之氏(海洋建設株式会社)

   ワークショップ:海のために私たちができること

20180929 umigomichirashi.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月に開催した「海をもっと知ろう!漁業体験」の
第2回目(11/12)の申し込み締め切りが、10/28となっております。

30名定員に現在23名のお申し込みをいただいておりますので、
もう7名分定員に余裕があります。

どうしようか、まだ迷っておられる方、ぜひこの機会に
親子で海の思いでづくりをしませんか。

皆さんのご参加をお待ちしています。


本イベントは、日本財団「海と日本プロジェクト2016」の一環として開催します。

20160624115248_ページ_1.jpg

20160624115248_ページ_2.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月19日(火)に、岡山大学グローバルパートナーズ
2016年度日本サマースクールツアーの研修受け入れを行いました。

本ツアーは、岡山大学が受け入れをしている中国の上海理工大学の
30日間のプログラムで、その最初の研修である水島・豊島ツアーを
みずしま財団が企画・運営しました。

参加者は、39名(学生36名、引率3名)でした。

本プログラムは、経済発展の光と影ということで、日本の産業発展と
その負の側面として発生した水島の大気汚染公害と豊島の産廃不法投棄事件
について現場から学び、未来について考えるきっかけとなることを目指しました。

P7190059.JPG

当日は、宇野港から豊島にチャーター船で渡り、産業廃棄物の
不法投棄事件について、廃棄物対策豊島住民会議の方から
レクチャーをしていただきました。

P7190074.JPG

P7190084.JPG

その後、船で水島まで瀬戸内海クルーズをしながら、水島の
公害問題、海の環境問題、そして現在の水島での協働の取組み
などについてレクチャーをしました。

最後に、JFEスチールの工場見学をして、水島コンビナートの
産業力・技術力について学んでいただきました。

学生さんたちは、それぞれのレクチャーを熱心に聴き、
質問をしていました。
この経験が、将来に活かされることを願っています。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

直前のご案内ですが、6月4日(土)に水島愛あいサロンで
開催される「くらしき環境フェスティバル2016」で、
みずしま財団もブース出展します。

今年は、ビーチグラスアクセサリー作り体験です。

海の環境に関心のあるお子さん、工作が好きなお子さんが
いらっしゃる方は、ぜひご一緒にご参加ください。

工作のスタート時間は、全部で6回(9:30、10:30、11:30、12:30、13:30、14:30)です。
各回先着10名です。
参加費300円です。

展示ブースでお待ちしています!

img-603201824-0001.jpg

img-603201824-0002.jpg

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

気が付けば夏休みも終盤ですね。
そんな夏休みの自由研究がまだ、というお子さんに
ぴったりの展示のご案内です。

テーマは、「海ごみと私たちの暮らし」

みずしま財団が設立以来取り組んでいる海底ごみの
問題を中心に、生きものにとって大切な浅海域(干潟、アマモ場)の
紹介もあります。

かつて、水島は東高梁川の河口の浅い海だったところが
陸になり、工場になりました。
そんな東高梁川の河口に生えていた植物を紹介した
ポスターも展示しています。
※ポスターは、倉敷市立自然史博物館様にご提供いただきました。

場所は、倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、
8月31日(月)まで展示しています。

ぜひ、足をお運びください。

P8101243.JPG

P8101242.JPG

1  2  3  4  5

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき