お知らせの最近のブログ記事

9月も最終週となり、秋の季節になりましたね。

秋と言えば・・・・スポーツの秋!

でも、「運動を続けるのが難しい」

「ハードな運動は無理」

「でもなにかしないと健康が保てない」というかた、フライングディスクという運動負荷の少ないスポーツがあります!!

みずしま財団では、今年ははじめて、

在宅酸素患者さん・COPD患者さんのための呼吸リハビリ教室として、

フライングディスクを取り入れました。

どうぞ、ご家族やご友人とお誘いあわせで、ご参加ください。

tirashi kannjyamuke 2016 1030_ページ_1.jpg

参加費は無料です。

岡山県障害者フライングディスク協会の講師の方がご指導くださいますので、はじめてのかた大歓迎です。

■日時:10月30日(日)10~12時

■場所:水島愛あいサロン コミュニティフロアD(倉敷市水島東チドリ町1-50)

■対象:患者さん10~15名 (ご家族や医療スタッフを同字くらいの人数、募集します)

■主催:(公財)みずしま財団 

■後援:倉敷市・(公社)倉敷市連合医師会(申請中)・(一社)岡山県病院協会倉敷支部

※(独)環境再生保全機構地域におけるCOPD対策推進事業(NPO法人等との協働)として実施

■ちらしPDFデータ

tirashi kannjyamuke 2016 1030.pdf

■申込み欄 (ちらし裏)

tirashi kannjyamuke 2016 1030_ページ_2.jpg

詳しくはチラシをご覧いただくか、みずしま財団までお電話ください(電話086-440-0121)

残暑お見舞い申し上げます。
理事・研究員の塩飽です。

みずしま財団では、8月12日(金)、15日(月)、16日(火)を
お休みいたします。

17日(水)から、通常業務となりますが、スタッフは
第4回おかやま環境教育ミーティングに参加予定のため、
電話等対応できませんので、ご了承ください。

この間、いただきましたお問い合わせ等につきましては、
18日(木)以降にお返事をさせていただきますので、
ご了承ください。

よろしくお願いいたします。

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

いよいよ夏休みも中盤となりました。
自由研究をどうしようか、考えている方も多いのではないでしょうか。
そんな夏休みの自由研究のテーマにぴったりの展示のご案内です。

P8080451.JPG

テーマは、「公害と子どもたちの暮らし」

水島の大気汚染公害では、子どもたちも被害者になり、
そして裁判の原告にもなりました。

そんな子どもたちの視点から公害問題を見ることで
同年代の今の子どもさんたちに身近に考えてもらいたい
と考えています。

場所は、倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、
8月31日(水)まで展示しています。
※土・日・祝日は、休館日となります。

P8080455.JPG
子どもさんに人気の水島の成り立ちを楽しくパズルで
体験できるコーナーもあります。

P8080458.JPG
子どもたちも参加した裁判の様子を
当時の資料や写真で紹介しています。

P8080459.JPG
最後に、「あさがお調査」(市民参加型の大気環境調査)に
ちなんだ展示もあります。
ぜひみんなで一緒にあさがおを咲かせてね。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

自転車で水島地域のいいところを探そうというイベントを
開催します。

昨年11月に福田編を開催しましたが、今回は連島編を
開催します。

ちょうど見ごろのハスの花や、宝島寺などをめぐり、
連島のいいところを再発見しませんか。
歴史に詳しい地元の方にご案内いただきます。

また、途中のポイントで写真を取っていただき、
水島のいいところとして臨海鉄道や各種イベントなどで
ご紹介させていただく予定です。

まだ定員に余裕がございますので、ぜひお申し込みください。

詳しくは、添付のチラシをご覧ください。


※本イベントは、地球環境基金助成事業として実施します。

 20160730175736-0001.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

6月は、環境月間です。

様々なイベントなどが取り組まれていますが、みずしま財団では、
6月といえば、「環境月間における倉敷市との懇談会」です!

2003年から継続して開催し、14回目となる今年は、高梁川流域
に着目し、海ごみ対策について考えます。

海ごみの多くは、陸域で発生し、川を伝って海域へ流入している
ことから、内陸部も含めた流域での対策が欠かせません。

そこで、海に面していないにもかかわらず、海ごみ対策を
市民・行政等の協働で取り組んでいる京都府亀岡市の取組みを
ご存知でしょうか?

今回は、この亀岡市での取組みを主導している「NPO法人プロジェクト保津川」の
代表理事であり、大阪商業大学准教授の原田禎夫氏を講師にお迎えします。

保津川での事例を学び、倉敷ではどのような取組ができるのか、
「流域思考」で課題解決を考えたいと思います。

環境問題だけではなく、「流域」での取り組みを考えておられる方、
また若い人や企業を巻き込みながら社会を動かしていくことに
関心のある方、きっと有意義な学びになること請け合いです。

ぜひ、ご参加ください。


~~~環境月間における倉敷市との懇談会~~~

日時:6月29日(水)13:00~16:00
場所:倉敷消防署 講堂
   (倉敷市白楽町162番地5)
   ※駐車場に限りがあるため、公共交通機関、あるいは乗り合わせて
    ご参加ください。
主催:公財)みずしま財団
定員:40名程度
対象:NPO・環境団体、関心のある一般市民の方、企業の方、倉敷市職員

【お問い合わせ・お申し込み先】
 公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)
 TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
 e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

20160614171221-0001.jpg

20160614171221-0002.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

今年も八間川調査の季節がやってきました!
59回目となる調査を6月18日(土)に開催します。

この時期、八間川ではどんな生きものが見られるでしょうか?
生きもののすみやすい環境について考えましょう。

皆さんのご参加をお待ちしています。

詳細は、添付の案内チラシをご覧ください。

ぜひご参加下さい。

【開催概要】
 日時:2016年6月18日(土) 9:00~お昼ごろ
 場所:集合場所/水島東川町公民館 調査場所/大根洗い場

 スケジュール:
  9:00  東川町公民館に集合(参加者の確認をします)
 ~11:00  八間川調査
      ・水質調査 ・流速調査 ・生きもの調査(魚、水草、水生生物など) ・川のごみ調査

 11:00~  東川町公民館に移動
       倉敷の水辺環境について(倉敷市環境学習センター)
       調査のまとめ

 お昼ごろ 終了

 詳しくは、みずしま財団(086-440-0121)にお問い合わせください。

20160614172434-0001.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

この度、岡山大学地域総合研究センター(AGORA)が、水島での取り組みを紹介した英語版の
パネルを作成され、5月13-15日にかけて倉敷市で開催される「G7倉敷教育大臣会合」の会場で
展示されます。

内容は、
・水島における地域開発と公害の歴史
・「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」の取り組み
・平成26年度から実施している実践型社会連携授業の内容
・これらの協働による成果 
となっています。

地域総合研究センターとは、協議会や実践型社会連携授業等で連携して取り組ませて
いただいており、その取り組みが今回パネル展示としてサミットで報告されます。

パネルの作成にあたっては、昨年8月に日本大学(東京)で開催された

ISTR(第三セクターに関する国際学会)での
発表内容も活用されており、活動がつながってきています。

水島での取り組みが、ますます世界に発信されていきます!

img-506210922-0001.jpg

img-506210922-0002.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

先日ご案内をしました、美術館や動物園をフィールドにして、
新たな視点でESDを学ぼうというプログラムの案内チラシが
できました。

いずれも、学芸員・動物園職員による解説付きの上、
参加費・入場(入園)料無料のお得なプログラムとなっています。

ご関心のある方は、ぜひお早めにお申し込みください。
お申し込み多数の場合は、抽選となります。

また、両プログラムとも集合場所が会場と少し離れたところになりますので
ご注意ください。

詳細は、添付のチラシをご参照ください。


動物園で考えよう!生きものが絶滅しない地球環境とは
 日時:2月6日(土)13:00~16:30(受付:12:30~)
 集合場所:岡山県生涯学習センター 大研修室 
 場所:池田動物園
 対象:小学5年生以上(親子参加をお勧めします)
 定員:30名(申し込み多数の場合は抽選)
 案内人:池田満之氏(岡山ユネスコ協会副会長)


美術館で考えよう!持続可能な環境とは
 日時:2月13日(土)16:30~19:00(受付:16:00~)
 集合場所:倉敷物語館
 場所:大原美術館
 対象:大学生・一般
 定員:30名(申し込み多数の場合は抽選)
 案内人:前田芳男氏(岡山大学地域総合研究センター 准教授)

※本事業は「平成27年度社会教育施設におけるESD普及促進事業」(環境省)として
実施します。

img-118090622-0001.jpg

img-118090622-0002.jpg

みなさまには、日頃よりみずしま財団に関心を持ってくださり、
また、賛助会費や寄付、さらにはボランティアとして応援くださり、
本当にありがとうございます。

今年も本当にお世話になりました。

本年、事務局が勤務しているのは12月28日(月)が最終日となります。


年明けは、1月4日(月)からスタートとなります。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさまよいお年をお迎えください。


                        事務局一同

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

いよいよ年の瀬も押し迫り、あわただしくなってきましたね。
忙しい中ではありますが、素敵な音楽でほっと一息つきませんか?

クリスマスコンサートを今年も開催します。

「咳をしても良いコンサート」として、呼吸器に病気を持つ公害患者さん
のQOL(生活の質)向上の取り組みの一環として2004年から開催して
来ました。昨年からは、子どもも大人もまちの皆さんが楽しめる
コンサートとして企画、水島愛あいサロンで開催しています。

演奏は、倉敷管弦楽団首席奏者を中心に結成された
「ムジカくらしき弦楽四重奏」です。

水島のいいところのスライドショーもあります。

ぜひ、ご家族の皆さんと一緒にご参加ください。

【開催概要】

日時:12月23日(祝・水) 14:30~16:00

場所:水島愛あいサロン コミュニティフロア

料金:500円(お茶菓子付き)  ※中学生以下は無料


お問い合わせは、みずしま財団まで。
TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp


【主催】みずしま財団
【協力】環境学習を通じた人材育成、まちづくりを考える協議会
【後援】倉敷市公害患者と家族の会 

img-Z14193016-0001.jpg

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき