展示&出展情報の最近のブログ記事

海岸生物調査

| コメント(0) | トラックバック(0)

 明け方の雨も上がり、10月に入ってもまだ蒸し暑い中、今年も海岸生物調査を行いました。
この調査は、環瀬戸内海会議という市民団体が瀬戸内海全域の海岸の状況を調べるためにで2002年から毎年行なっているものです。内容としては、指標生物を決めており、一定区間内(幅10m)にそれらの生物がどれくらいいるかを数えることで、海岸の環境の状況を調べようというものです。具体的に数を数えるのは、イボニシ、カメノテ、アサリの3種類で、その他にも約8種類の生物を指標としていますが、それらは多いか少ないかということを調べます。今回も環瀬戸内海会議の小西さんにレクチャー・現地での指導をしていただきました。



 本調査は、厳密な調査、というよりは、市民が気軽に楽しく参加することで、海岸や海に対する関心を呼び起こすきっかけにしてほしい、ということを主目的にしているようです。

 みずしま財団は、本調査に2003年から協力しており、今年で5回目となります。調査地点は毎年同じで、児島通生の浜と高梁川河口の干潟でした。
参加者は、財団の職員も含めて8名、今回もマスコミ4社が取材に来ており、環境問題への関心の高まりが伺えます。

 調査の結果としては、昨年から大きな変化はありませんでしたが、護岸工事の影響や、地球温暖化の影響と思われるものもありました(詳細は下記をご覧ください)。やはり10年くらいは継続しないと、変化ということで分析をするのは難しいということですので、財団としても、今後も継続して調査に協力していきたいと思います。


しわく

倉敷川下り

| コメント(0) | トラックバック(0)

 9月最後の日曜日、「かわまちづくり体験教室 〜みんなで倉敷川を舟で下る日曜日〜」に参加してきました。このイベントは、「倉敷市まちづくり人材養成講座・分野別地域デビュー講座」の1回目として開催されたもので、主催は倉敷市市民活動推進課、企画・運営は、蔵おこし湧々、岡山NPOセンターでした。

 早朝の雨模様で開催も危ぶまれたようですが、雨も何とか上がり、暑くもなく、寒くもなくちょうどいい気候となりました。最初に酒津公園に集合し、倉敷川の源流である酒津の遊水池を出発点に、用水路に沿ってチボリ公園まで歩きました。山陽本線を潜って、美観地区の手前で暗渠となり、皆さんご存知のように美観地区内から湧き出してそのまま児島湖まで通じています。
 酒津公園から地下に潜るまでは、水草もたくさん生えていたり、水もきれいだったのですが、美観地区に入ると透明度も落ちて、決してきれいとはいえない状況になってしまいます。やはり暗渠になったためか、美観地区以降では流れが澱んでいるためでしょうか?

 その後、入船橋の親水公園でお昼を食べて、いよいよ舟に乗っての川下りです。約11kmの区間でしたが、普段めったに見ることのない川面からの視点で倉敷川を見ることができ、楽しかったです。最初は狭かった川幅もだんだんと広くなり、石組みだった護岸も葦などが茂る河原へと変化していきました。途中でミズアオイの自生地も見学しましたが、全体的にはかなりゴミも浮かんでおり、底もヘドロ化しているようで、必ずしもきれいとは言いがたい印象でした。


 ウォーキングから、舟下りの途中、7ポイントで川の環境や周辺の環境に関するチェックシートに記入はしましたが、時間の関係もあり、きちんとしたまとめにはなりませんでした。そのためもあってか、この体験教室が、人材養成講座にどうつながっていくのかが、いまいち分かりにくかったのではと思います。
 
 次回は、11月3日(土・祝)に、「ユニバーサルデザインをテーマとした待ち歩きとワークショップ」を行なうようです。その他にも、12月23日(日)にまちづくりフォーラムが開催され、分野別地域デビュー講座も継続して行なわれるということは、決定しているようですが、いまいち全体像がぴんと来ないのは僕だけでしょうか・・・?


しわく

金曜日の夜にエコなお話と買い物ゲームをしてみませんか


地球温暖化問題、フードマイレージ、そして環境からみた国際貢献。
すこし違う視点で環境について学んでみませんか?

全3回参加の方には、岡山県から修了証書が送られます。
------------------------------------------
日時:2007年11月9日、16日(金)18:30〜20:45
       11月23日(金・祝) 10:00〜16:30

場所:岡山市デジタルミュージアム 講義室(9・16日)
      (リットシティビル4階)
見学:中国電力水島発電所、倉敷市環境監視センター(23日)
      (3回目の集合は岡山駅の予定。参加者の状況で変更になる場合があります)

対象:岡山県内に在住・在学・在勤で18歳以上の方
参加費:無料
定員:30人(原則、全3回の研修に参加が可能な方)

申し込み締め切り:10月31日(水)
申し込み先:(財)水島地域環境再生財団 電話086-440-0121 FAX:086-446-4620
        webmaster@mizushima-f.or.jp

主催:岡山県生活環境部環境政策課
企画・運営:財団法人水島地域環境再生財団

9月になりましたが、海岸漂着物調査【夏調査】のご案内です。

年4回の調査の第2回目になります。
一緒に島にいってみませんか?この時期が一番時期のよい調査だと思います。


春調査の様子(マスコミが多かったです)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 最近日本海を中心に海岸への大量の漂着物が問題となっています。
みずしま財団では、その海岸漂着物の実態把握を目的とした調査を行うこととなりました。
この調査は、財団法人 環日本海環境協力センター(NPEC)が、これまで日本・中国・韓国・ロシアの32自治体、70海岸(2005年度実績)で行ってきたもので、今年度からみずしま財団もこの調査に参加し、倉敷市児島釜島海岸を対象地点として年4回実施することにしています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○調査日時
 2007年9月27日(木)13:00〜16:00
 (※本調査は4回/年(季節ごと)開催予定)

○調査対象海岸
 倉敷市児島釜島海岸

○調査方法
①調査内容:漂着物を8種類の大分類に区分し、重量及び個数を測定し、漂着物の印字から小分類別に国内製造品と海外製造品に分けて個数を数える。
②調査範囲:波打ち際から陸地方向へ連続的に縦横10mの区画を2区画とする。

○スケジュール
 13:00     あさがお会館2階会議室 集合 調査に関する簡単な説明
         大畠漁港へ移動
 13:45     出港
 14:00〜   海岸漂着物調査
 16:00頃   大畠漁港に帰港、解散

 ※少雨決行
 ※濡れてもいい服装、砂浜で歩きやすい履物を持ってきてください

海辺の生き物
調べてみませんか?inくらしき

海や海岸の健康度を、イボニシ、カメノテといった海岸生物によって調べます。
皆さんの近くの海岸の健康度をチェックしませんか?

★日時:2007年10月8日(月・祝)午後1:00〜5:00 
★調査地点:児島通生の海岸、高梁川河口干潟

★集合場所と時間:みずしま財団事務所に、午後1:00

★持ち物・服装:動きやすい服装・長靴・筆記用具 
★講師:環瀬戸内海会議 生物調査担当 小西良平
★参加費:無料

★申し込み方法:みずしま財団事務局(塩飽)までご連絡ください
★申し込み締め切り:10月5日(金) 午後5時まで

申し込み・連絡先 みずしま財団 塩飽(しわく)
〒712-8034 倉敷市水島西栄町13-23
TEL.086-440-0121 FAX.086-446-4620
Eメールwebmaster@mizushima-f.or.jp

主催:環瀬戸内海会議 
協力:(財)水島地域環境再生財団(みずしま財団)

※この調査は、「全労災環境活動助成」、「高木仁三郎市民化学基金」の助成を受けて実施しています。

 先日公開していました。「おかやま環境塾」の報告記事(2日目)の写真を追加しましたので、ぜひご覧ください。


しわく

 環境学習リーダーの養成を目的とした「おかやま環境塾 1泊2日の環境学習リーダー養成研修」が無事終了しました。
2日間とも、天気に恵まれ(良すぎて暑かったです!)、講義、フィールドワーク、海の体験学習、そしてグループワークと盛りだくさんでしたが、その分充実した時間がすごせたのではないでしょうか?

 簡単ではありますが、2日間のご報告をしたいと思います。

おかやま環境塾1日目が終了しました。

1日目は、全体自己紹介からはじまって、講義
そして、バスに乗って、施設見学などなどをおこないました。

暑い中、参加者の皆さんは真剣に、そして楽しそうに参加してくださっています。

2日目の明日も楽しみです。
がんばっていきましょー。

ちなみに、写真は
今日のお弁当。
玄米食堂 元気屋さんにお願いしました。

食からみた環境っていうことにも考える機会になったかなと思います。


「環境被害救済に関する日中韓国際ワークショップ」に参加してきました。

また詳しいことを、載せます。

おかやま環境塾
1泊2日の環境学習リーダー養成研修


環境学習リーダーの育成を目的とした「おかやま環境塾」をおこないます。
フィールドワーク、施設研修、講義など内容が盛りだくさんの1泊2日の研修です。

2日間の研修を通じて、日常生活・社会活動の中で多様な視点を持ち、科学的に物事を捉えることのできる環境学習リーダーの養成を目指します。

ぜひご参加ください。

●日時:2007年8月25−26日(土日)
●集合場所:ホテル倉敷(倉敷駅の上)
●研修場所:瀬戸内海(船にのり見学)、倉敷市環境監視センター、水島処分場ほか
●対象者:県内に在学・在住・在勤で18才以上の青壮年層
●参加費:5000円(宿泊・食事代含む)
●宿泊場所:倉敷シーサイドホテル

●定員:30名
●申込み締切:8/16(木) *定員に達し次第しめきります。

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき