開催報告の最近のブログ記事

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

心配された天候も何とか持ちこたえ、第57回目となる八間川調査を
6月27日(土)に開催しました。

一般の参加者は9名でしたが、親子連れから大学生、まちづくりに取り組む
方などバラエティーに富んだ内容でした。

先日までの雨にもかかわらず、それほど増水しておらず、
水深は30㎝程度でした。

 

 

P6270819.jpg

まずはCODパックテストを環境学習センターの職員の方の
指導の下に行いましたが、工業排水路側が5~10、
農業排水路側が10~13と工業排水路側の方が今日はきれいでした。

P6270835.jpg

田賀先生による生きもの採取にあたっての注意説明

 

P6270837.jpg

P6270840.jpg

 

生きもの観察では、8種類の魚類と貝類が5種類、水草が3種類の他、
アメリカザリガニ、オタマジャクシ、ヤゴなどが見つかりました。

 

P6270863.jpg

P6270869.jpg

中でも、今回の目玉は約60㎝のコイとナマズ、そして約40㎝の
ミシシッピアカミミガメといった大物が3種類もとれたことでした。

雨で水量が増えた時に上流まで上っていたのかもしれませんね。

参加者はみんな大きな魚や亀に夢中でした。

また、予想よりも種類は少なめでしたが、メダカなどの個体数は多かったと思います。

 

P6270892.jpg

後半は、東川町公民館で「倉敷の水辺環境」について、
環境学習センターの中尾優氏からお話をいただきました。

八間川の生きものしらべを通じて水辺の環境と
私たちの暮らしを考える時間となりました。


次回調査は、8月22日(土)。
お申し込み締め切りは、7月9日までとなっておりますので、
ご関心のある方はお早めにお申し込みください。

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

先週末(6/13)、水島愛あいサロンで開催された
「くらしき環境フェスティバル2015」でみずしま財団もブース出展しました。

「倉敷の海を知ろう」をテーマに、アマモや倉敷の海で取れる海藻の展示、
水島の変遷や海ごみのパネル展示を行いました。

P6130736.jpg

 

環境クイズも同時に行い、とてもたくさんの親子連れにご参加いただき、
用意していたクイズは午前中でなくなってしまうほどの盛況ぶりでした。

 

P6130739.jpg

 

P6130741.jpg

 

参加した方からは、「ヒジキがこんな風に生えているとは知らなかった。」、
「倉敷の海のこんなに海藻があるのを初めて知った。」といった感想をいただき、
改めて身近な海に関心を持ってもらうきっかけになったのではないかと思います。

お天気も良く、とても和やかな雰囲気でいろんな方が交流できる環境イベントとして
定着してきていることを改めて実感しました。

 こんにちは。みずしま財団研究員の塩飽です。
 
 平成21年度から実施している川崎医科大学の医学・医療ユニット科目の見学実習受入を
今年も行っています。

 毎年、約100名の医学生さんが、5回に分かれて水島を訪れ、
鴨ヶ辻山での現地見学や公害患者さんとの懇談、公害医療に携わった医師によるお話を
通じて、患者さんの生活背景も考えながら治療にあたることの大切さや
患者さんに寄り添う姿勢などについて学んでいます。

 今年もこれまでに2回実施しており、第1回目は4月15日(水)で31名、第2回目は
5月20日(水)で21名が水島に来られました。

 

P1050433.jpg

 毎回、公害患者さんのお話しは普段なかなかできない体験ということで
皆さん真剣に聞き入っています。

 

P1050444.jpg

 医療従事者からのお話しということで、総合病院水島協同病院院長の里見和彦先生に
お話をいただき、公害裁判に果たした医療関係者の役割について、
なぜ裁判に関わることになったのか、裁判の中での医学論争など、
かなり深いところまでお話しいただいています。

 

 本実習を通じて学んだ医学生さんが病気とその背景にある地域との関わりに向き合って
治療に取り組むお医者さんになることを願っています。

 第3回目の研修は、6月10日(水)です。

みずしま財団は、2000年3月14日に設立され、
今年設立15周年を迎えました。

その設立記念日の3月14日(土)に、理事、評議員懇談会を開催し、
みずしま財団のこれまでをふりかえり、これからについての
話し合いを行いました。

ちょうど今年は、みずしま財団中長期計画の見直しの年にあたります。
これまでの実績に基づき、さらに発展を目指していきたいと思います。

皆様には、これからもご支援・ご協力をいただけますよう
どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

桃の節句の3月3日(火)、第7回目となる
「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を開催しました。

今年度の最後ということで、活動報告と成果の共有を行い、
今後の具体的な方針について事務局からの案を基に
メンバーで意見交換を行いました。

今後に向けての課題やアイデアが出てきました。

未来ビジョン「世界一の環境学習のまち みずしま」実現に向け、
これからも着実に取組を進めていきます。

P3036304.jpg

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

2月18日(水)に、公害患者さんお二人と一緒に、
水島小学校の5年生の授業で水島の公害について
お話しをしてきました。

 

P2186189.jpg

まず、私が水島の成り立ちから公害の発生、公害裁判などについて
概要を説明しました。

 

P2186198.jpg

その後、患者さんから公害病の大変さ、当時の大気の様子、
そしてどのような思いで裁判を行うことになったのか
といったことをお話しいただきました。


今年で2回目となる授業ですが、今年の児童さんも
とても熱心に話を聞き、積極的に質問をしてくれました。

みずしま財団では、身近な地域の歴史について学べる公害学習の

出前授業も行っています。


ぜひ、お気軽にお声掛けください。

P2066127.jpg

 

昨年11月に開催した「初めてのカメラマン体験」イベントで子どもたち参加者が

撮影し、この1月いっぱいまで水島商店街で展示をしていた写真です。

 

改めて眺めてみると、どれもユニークで楽しい写真ばかりですね。

 

商店街の方からも、「とても面白い」、「お客さんも関心を持ってみてくれていたよ」と

とても好評でした。

 

またぜひこういった企画を通じて子どもさんや水島のまちを

元気にしていきたいですね。

 

 

みずしま財団事務局の藤原です。

2015年1月25日日曜日、倉敷市環境学習センターで、

38名の参加者があつまり、

熱気あふれる会となる地域報告会を開催しました。

 

(写真:全員参加型ディスカッションの一場面)

対話2.jpg

 

◆地域報告会 みんなでつくろう!世界一の環境学習のまち みずしま◆ 

~持続可能な地域づくりと人材育成を考える~

 

開会あいさつ:みずしま財団専務理事太田映知

「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を2013年からスタートしました。

企業・行政・住民・NPOがひとつのテーブルにつき、未来を語り合う、画期的な協議会。

環境省の協働取組として、設定し、みずしま財団が事務局を担いました。

太田さん開会あいさつ.jpg

 

活動報告 本事業の内容 塩飽敏史みずしま財団理事・研究員

今年のとりくみをテーマ別に報告しました。

(テーマ)

◆協働の土台を固める

◆対話を進める

◆若者が学ぶ地域の確立

 

商店街や臨海鉄道を使った作品展示など、

具体的なとりくみを通じて、取り組みを地域へ広げていることを報告しました。

 

企業・行政・住民・NPOのそれぞれの力を活かして、学習資源をつなぎ、

学びを提供していく。この新しい学びしくみが、水島の特徴です。

塩飽さん発表.jpg

 

特別報告:水島で得られた実践知(自ら体験し、考える能力)

岡山大学地域総合研究センター非常勤研究員鷹野郁子さん

 

岡山大学で今年度始まった、実践型社会連携授業「倉敷市水島から学ぶ地域社会と環境」

前期15コマ、毎週金曜日の授業です。

大学生たちが、座学とフィールドワークで学んだことを詳細に報告いただきました。

次年度(H27年度)も継続が決定

鷹野さん発表.jpg

 

全員参加型ディスカッション 持続可能な地域づくりと人材育成

対話.jpg

4人がひとつのグループになってディスカッションをしました。

 

協議会メンバーは前に並んでいただき、同じ内容について回答

パネルディスカッション.jpg

ディスカッションの内容

◆自己紹介

出身地や今取り組んでいることなどを紙に書いてからグループで話し合い。

 

◆私が思う水島地域の特徴とは?

・工場が多い。

・懐かしい街並みと無機質な存在のコントラスト・共存。

・新しい生活、流域を考え行動していくチャレンジのまち。

フロアーからは「水島という地域のなりたちは当時軍需工場だった三菱の社宅で形成されたまち。航空機の地下工場もあり在日コリアンが集結させられた。戦争・平和の視点、地域づくりの視点を忘れてはいけない」という発言もありました。

◆水島だからできる「環境学習」とは?

・対比:大規模なコンビナートと住民の暮らしぶり

・ともにとりくむということ

・両面が学べる

・コンビナートと住宅が共存するための学びづくり

・水素社会のデザイン

◆期待したい「人材」とは?

・人材は地域(地元から)祭りをヒントに。

・いろんな人、思いが同じ方向にある人。

・能動的に考えて垣根を軽く飛び越えられる人。

・流域の未来と向き合って協働して地域を創る。

 

◆この協議会を発展させていくために私が貢献できそうなことは?

フロアーからの発言

「水島では生き物に直接触れることのできる場所もある。子どもたちが小さなころからそういう自然体験が必要。大学生として体験学習の協力をしていきたい。」

参加者発表.jpg

土地の力、自然の力、技術の力、人の力、いろんな力を合わせ、

新しい学びを提供し、次世代を育てていく。

この水島の動きを呼びかけるツール・仕組みができました。

パンフレットは加筆・修正を加えて印刷、ホームページは2月末にはお披露目します。

 

(参加者の声)

・「開発」とは何か、を江戸期から未来まで学べる場所なので期待しています。今後とも連携よろしく。

・和気あいあいとした雰囲気で行われ、かたい会場にならなかったことが良かったと思います。

・水島についていろいろと知れた、内外問わず、いろんな人に聞いてもらいたい。

・沢山の収穫があった会だと感じました。これをもっと市民をはじめ多くの人に知ってほしいと思います。

 

環境省 地域活性化を担う協働取組加速化事業として開催しました。

いつもお世話になっています。

事務局藤原から、開催の報告をします。

本フォーラムは、子どもゆめ基金および、岡山県備中県民局の助成を受けて開催しました。

 

瀬戸内海国立公園指定80周年記念事業

フォーラム30年後の海を考えよう

~浅海域の再生と環境学習の取り組み~

平成27年1月10日(土)13:30~16:30

主催:みずしま財団

後援:岡山県、岡山県教育委員会  

 

基調講演は工藤孝浩さん 

(金沢八景-東京湾アマモ場再生会議 実験推進部会長)

「東京湾におけるアマモ場再生と環境教育」と題して、

東京湾の地域開発・水質の変遷、

かつてあったアマモと暮らしのつながり、そし再生のとりくみをお話しいただきました。

 

食べられるワカメの再生には関心が高いこと、

小学校と関わりを深めながらアマモ再生にとりくんだこと、

立場によって、意見や利害がことなり、合意が難しかったこと、

神社が入って、歴史ある神事を復活させたことで合意がぐんと進んだなど、

TV鉄腕ダッシュ海岸の話など、東京湾のアマモ再生の状況を具体的にお話しいただきました。

 千葉県銚子で20年に一回鳥居にアマモがまかれ、海上渡御が行われていたのだが

アマモそのものがなくなって、2010年にはこの文化そのものがなくなってしまったお話を聞き、

環境と人々の暮らしのつながりそのものの断絶になったことがよくわかりました。

千葉県.jpg

つながりをもういちど、紡ぎだしたい。環境教育に希望をみいだし、次世代につなぐお話でした。

 

工藤さんから、「行動する市民を育てる、それが環境教育」というメッセージをいただきました。

行動する市民.jpg

余談ですとお話しされた、高校生時代のさかなクンとの出会い、

見守り支えてきた20年はステキなお話でした。

 

 後半はパネルディスカッション「豊かな瀬戸内海を未来につなげるために」

コーディネーター:磯部作さん(日本福祉大学こども発達学部教授/みずしま財団理事)

事例紹介は、お二人。

お一人目は

田中丈裕さんNPO法人里海づくり研究会議事務局長・元岡山県水産課長)

から、「アマモとカキの里海」として、岡山県東部の日生(ひなせ)町の再生の取り組みをお話しいただきました。

日生中学校の総合学習で取り組まれている事例「流れ藻回収大作戦」には、中学生自身が地元の課題に取り組む、そして地域の大人の声を聴き・まとめる聞き取り甲子園を組み合わせた学習で、「スバラシイ」との共感の声が多数ありました。

田中さん.jpg

事例のお二人目

坂本明弘さん(井原市立高等学校教諭)からは、干潟について丁寧なお話がありました。

干潟は、海と陸をつなぐだけでなく、空もつなぐ(鳥が干潟の生き物を食べにくる)

非常に重要な場所であることがわかりました。

坂本先生.jpg

 

パネルディスカッション1.jpg

フロアーからもたくさんの質問や発言があり、熱気あふれる3時間のフォーラムとなりました。

 

参加いただいたみなさま、講師のみなさま

ありがとうございました。

 

 

フロア発言.jpg

 

 

「すてきなプレゼントをいただきました」と参加者の声。

笑顔広がる環境まちづくり クリスマスコンサートinみずしま

12月23日、無事に終了しました。

 

ムジカくらしき弦楽四重奏(倉敷管弦楽団首席奏者を中心に結成)の

美しくかつ、楽しい演奏で、すてきな時間となりました。

 

演奏風景

演奏.jpg

「咳を気にしなくてよい」をコンセプトに病院等で10年以上実施してきたクリスマスコンサートを

今年は、まちの中に会場を移し、子どもから大人までみんなが楽しめるようにと工夫しました。

 

水島のまちづくりスライドショー

塩飽解説.jpg

 

テーブルを囲んで音楽を聴く会場セッティングが和やかでよい、という感想をいただいたり、

水島愛あいサロンコミュニティフロアの音響環境もよかったようで、ご満足いただけたようです。

地域の小学生もお母さんや、お父さんと参加する姿がみられ、

10年以上継続して参加してくれている公害患者さんたちも子どもたちの姿を喜んでくださいました。

 

里見和彦理事あいさつ

里見理事あいさつ.jpg

 

冊子

冊子2.jpg

<<前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき