エコラボfridayの最近のブログ記事

今月の「みみみずしま財団 エコらぼFriday」(週刊くらしきハッピーレディオ内)は、
「防災とまちづくり」がテーマです。

第1週目の本日は、「台風と地球温暖化」についてお話してきました。

ちょうど今週末、非常に強力な台風10号が日本に接近していますが、
近年、台風が強力になっており、大きな被害をもたらすことが増えていると
感じませんか?

実は、地球温暖化による気温の上昇や海水温の上昇などが、台風の
大型化や勢いの強い台風の発生の原因になっているという研究データがあるそうです。

こういった災害の激甚化に対しては、ハード面での対応には
限界があり、やはり普段からの心がけや地域の人同士のコミュニケーションが、
重要となります。


そんな災害と環境問題について考えるセミナーのご案内です。

島根大学の松本一郎教授を講師にお迎えし、「災害と環境問題 減災につながる
環境教育」と題したセミナーを開催します。

上述の普段からの対策に向けて、高校生や大学生など若い世代と地域住民が
ともに学びあえる関係をつくり、持続可能な地域づくりを目指しませんか。


セミナー「持続可能な地域づくりに向けた若者の学び」
 日時:9月26日(土)13:30~16:00
 場所:水島愛あいサロン・コミュニティフロア
 対象:災害と環境問題に関心のある高校生・市民
 定員:30名(先着)
 

詳細は、みずしま財団にお問い合わせください。

「みみみずしま財団エコらぼFriday」は、毎週金曜日15:45頃より
エフエムくらしき(82.8MHz)にて放送中です。

ぜひ、お聞きください。

みずしま財団では、FMくらしきで毎週金曜日の15:45頃~15分間、
「みみみずしま財団 エコらぼFriday」(週刊くらしきハッピーレディオ内)という
コーナーで様々な情報提供を行っています。

毎月テーマを決めており、今月(8月)は、「夏こそ水環境」という
テーマでお話ししてきました。

最終週の今日は、8月23日(日)に実施した八間川調査隊の報告を行いました。

新型コロナウィルスの関係で、今年は6月の調査も今回の調査も
一般の参加者募集は行わず、スタッフのみでデータの継続的な蓄積を
目的に実施したのですが、その分、じっくりと観察や同定ができ、
新たな発見や気づきがあったことなどをご紹介しました。

来年度は、子どもさんたちに参加してもらい、身近な街中の川でも
いろんな発見があることをぜひ体験してもらいたいと思います。

P8230142.jpg

 写真は、今回の調査で見つかったカマツカ
 特徴的なお顔が分かりますでしょうか?

「みみみずしま財団エコらぼFriday」は、毎週金曜日15:45頃より
エフエムくらしき(82.8MHz)にて放送中です。

ぜひ、お聞きください。

毎週金曜日の午後3時40分ごろからFMくらしきで放送中の「みみみみずしま財団 エコらぼFriday」(週刊くらしきハッピーレディオ内のコーナー)では、毎月テーマに沿った環境に関するお話を放送しています。

今月のテーマは、「エコな交通について考えよう!」ということで、エコドライブや公共交通について、ご紹介をしてきました。

5週目のある月は、最終週にみずしま財団と同じく公害地域である、大阪の西淀川区を中心に環境再生に取り組んでいる「あおぞら財団」に出演していただいています。
今月は、テーマに沿って、「タンデム自転車」の取り組みについてお話をいただきます。

タンデム自転車とは?
その活用による意外な波及効果とは?

あおぞら財団の鎗山善理子さんから、軽妙な語り口でわかりやすく解説していただきます。

ぜひ、お聞きください!

毎週金曜日15:40頃からお送りしている、「みみみみずしま財団 エコらぼFriday!」
今月のテーマは、先月話題になった、「事業仕分け 第2弾」 ・・・ではなくて、その対象となっている『公益法人』についてです。

大谷さんは、ネット配信されている事業仕分けの様子を見られていたようですが、4月の前半戦では、独立行政法人が仕分けの対象になっていました。その中では、大気汚染公害とも関係のある、「独立行政法人 環境再生保全機構」も仕分けの対象になっていましたね。

今月中に始まる予定の後半戦では、政府系の公益法人が対象になっていまして、ここで改めて公益法人や、NPO法人について勉強してみようというのが今月の主旨です。

今日はその第一回目ということで、「そもそも公益法人ってどんなもの?」としまして、明治29年に制定された民法に基づくものであることや、公益法人は、社団法人と財団法人をまとめたもので、それぞれの違いなどについてお話しました。
大谷さんは、「財団法人がどういうものか少し分かった気がする」といわれていましたが、ちょっと社団法人の説明が分かりにくかったですかね(汗)

それにしても、岡山県内には、約400もの公益法人があるのですね。
その中には、国や県といった行政関係のものばかりでなく、民間企業や、みずしま財団のように市民によるものまで様々あります。
それらが、公益法人制度改革によって、これから2013年までに一般社団・財団か、公益社団・財団かを選択して、申請手続きをしないといけないのだから、かなり大変です。

この、公益法人制度改革については、また来週の放送でお伝えする予定ですので、お楽しみに!


しわく

4月は第5週金曜日までありました。

 

普段なら、第5週は、あおぞら財団の方をお迎えして放送していますが、今回は特別バージョンとして、KCT(倉敷ケーブルテレビ)のディレクター 小松原さんをお迎えしました。

 

「春です。つながりましょう」というテーマで、財団、10年間の活動のなかで、つながってきた団体やイベント等を、ご紹介してきた4月ですが

 

今回は、KCTの「発掘!エコライフ」をご紹介。

http://www.kct.co.jp/eco/ecolife/p5.html

 

以前、みずしま財団の活動をご紹介いただいたことがありましたが

今回、「フードマイレージ買い物ゲーム」をとりあげていただくことになりました。

 

そこで、この番組のディレクターの小松原さんに特別ゲストとして登場して頂き

「発掘!エコライフ」の番組紹介と、今回の番組内容をお知らせしました。

 

しゃべっている私たちは、とても楽しい放送でしたが、皆さんはいかがでしたでしょう?

笑ってばっかりでなく、ちゃんとしゃべりなさいという突っ込みもあるかもですが、ご意見ご感想およせいただけるとうれしいです。

 

ちなみに、「発掘!エコライフ」の放送は5月6日から、19:40~ 5分間です。

ぜひご覧下さい。

 

FMくらしき(FM82.8) 毎週金曜日 午後3:40から10分間

「みみみみずしま財団エコらぼFriday!」をお送りしています。

パーソナリティの大谷利文さんと、みずしま財団研究員の掛け合いは、

漫才のようともいわれます。

 

さて、今月4月の月間テーマは、「春です。つながりましょう」
財団が10年の間の取り組みでつながってきたいろいろな団体等のご紹介やイベント紹介をします。


第1週目の4/2は塩飽研究員。別名「海の研究員」。

大学や新人研修などの受け入れツアーしてますよ!というご案内でした。

 

今週はこのコーナーのほかに、10周年の記念イベントの後日談が

午後5時30分頃「倉敷漫遊記」のコーナーでありました。

大谷さんお世話になりました~ 

                             ふじわら

 毎月様々なテーマでお送りしている、「みみみずしま財団 エコらぼFriday!」。
今月は、財団の10周年を記念して、「みずしま財団の10周年を振り返る 前編」として、お送りしています。

 第1週は、藤原研究員により、設立前から、2002年までのお話がありました。
その後を継いで、私は、2003~2005年度のお話をしてきました。

(2003年) 
・タイのバンコクで開催されたEMECSに参加し、ポスター発表
・GREENDAYや、環境月間における倉敷市との懇談会がはじまる

(2004年)
・瀬戸内海国立公園指定70周年
・台風16号による高潮被害
・水島港まつりでの七夕かざりの出展
・森本二太郎さんによる写真集の発行、海底ごみビデオ「ひとりからはじまる」作成
・12月の和解記念コンサートがはじまる

(2005年)
・京都議定書の発効、ESDの取り組みのはじまり
・倉敷市で、ガス化溶融炉が本格的に稼働開始
・財団設立5周年
・「公害死亡患者遡及調査」報告書出版

 社会的には、京都議定書の発効など環境問題に対する具体的な動きが進み始めた頃であり、財団も、設立から5周年を迎えるなど、草創期からやっと軌道に乗ってきた時期といえるでしょう。同時に、GREENDAYや和解記念コンサート、市との懇談など、現在も続く取り組みの多くが始まったのもこの時期です。
  
 私事ですが、病気で1ヶ月間の長期入院をしたのもこの時期でした・・・

 さて、次回(19日)は、難波田研究員が、2006~2008年について、お話します。
 ぜひ、お聞きください。

しわく

エコらぼFriday!とは、毎週金曜日3:40~50までの、FMくらしきで放送している番組です。

みずしま財団研究員がさまざまな月間テーマに基づいて、お話ししています。

お聞きになったこと、ありますか?

 

さて、2010年3月14日、みずしま財団は設立10年を迎えます。

と、いうことで、10年を振り返ってお話しすることを2月のテーマにしています。

 

2月5日(金)は、設立前夜から2002年までのお話を藤原担当でしてきました。

八間川調査スタート

記録映画「水島に生きる」も撮影・完成

海底ゴミ関連は漁協への聞き取り調査開始

ヨハネスブルグへ塩飽研究員が行った  などなど

 

2002年は急速に発展する時期だったなあ・・と振り返ることができました。

2月12日(金)は2003年から2006年頃のお話を、塩飽研究員がしますので、

どうぞ、お楽しみに

 

FMくらしきのパーソナリティーの大谷さんが大変面白い方です!

聞いたことのない方は、FMを82.8にあわせて、

ぜひ、一度聞いてみてください。

 

いつも本筋の話に入る前に放送時間が無くなってしまうふじわらでした。

 

 

 

 

 「エコとお金」をテーマにお送りしてきました、今月の「みみみみずしま財団 エコらぼFriday!」。今週は、エコな取組みに対する行政の補助制度について、倉敷市環境リサイクル局環境政策部環境政策課にお話を伺ってきました。

 お話の中では、「住宅用太陽光発電システム設置補助制度」、「生ごみ処理容器等購入費補助金交付制度」についてご紹介をいただきましたが、その他にも、「雨水貯水槽の設置補助」、「ごみ減量化協力団体報奨金交付制度」、「生垣設置補助」など、いろんな制度があるとのことでした。
 中でも、太陽光発電の補助制度は、今年度予算分はもうすでに終了してしまったということで、皆さんの関心の高さもうかがえます。

 番組の中でも、お問い合わせ先はご紹介いただきましたが、ここで改めてこれらの制度を紹介したページをお伝えいたします。
来年度も、継続をされるということですので、ご関心のある方は、早めにチェックを!

 

*住宅用太陽光発電システム設置補助制度
 URL:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=8074


*生ごみ処理容器等購入費補助金交付制度
 URL:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=5057


*雨水貯水槽の設置補助
 URL:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=6957


*ごみ減量化協力団体報奨金交付制度
 URL:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=6260


*生垣設置補助
 URL:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=1952


 それから、今日は何と後半に難波田研究員の飛び入り参加があり、いつもとは違った雰囲気の放送になりました。

 誤解のないように、僕と難波田くんは、ほどほどに仲がいいんですよ~(^▽^;)/

 

しわく

きょうの、FMくらしき エコらぼfridayは、資金調達のお話しをしました。

詳細は、後日のせますが、とりいそぎで、番組内でご紹介したサイトをのせておきます。

ご参考までに

 

◆2月6-7日に東京である、ファンドレイジングの大会 「ファンドレイジング・日本2010」は、

こちら http://jfra.jp/frj2010/index.html

 

◆地球環境基金の助成申請は

こちら http://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/h22_info.html

 

1  2  3  4  5  6  7

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき