水島関連の最近のブログ記事

2021年8月23日13:30-15:30

みずしま財団では資料館づくりを目指して活動をしています。その活動の一環として地域の情報の掘り起こしをカフェ形式(自由に語り合える)で実施することにしました。みずしま地域カフェです。

IMG_0791.jpg

今回は第1回として広江にあるニューリンデンでお話を伺いました。https://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33003694/

今回のお話を伺う目的は、ニューリンデンのなりたちとお店の経営について、初代のマスターだった高橋彪さんがおこなわれた福田史談会についてです。

IMG_0802.jpg

水島コンビナートの発展とともにあったニューリンデンは、ロードサイドショップの先駆けとして建設されました。朝早くから夜遅くまで営業し、240種類のメニューを用意していたこともあり、老若男女が利用できるお店として水島地域の人たちに親しまれてきました。

IMG_0839.jpg

現在は、SNSでバズって若い人たちが利用するようになったそうです。みなさんも「プリンアラモード」や「プリンアイランド」を注文していただければと存じます。

IMG_0823.jpg

福田史談会については、「水島の空襲」や千人塚がつくられたきっかけとなった明治17年(1884)8月25日の水害を詳しく調べていることもわかってきました。福田史談会については、引き続き調べていく予定です。

地域の人たちと共有するアウトプットは現在準備中です。資料館づくりを目指して頑張ります。

一緒に地域カフェを作っている岡山大学の岩淵泰先生の山陽新聞のコラムです。
水島のニューリンデンを訪ねて(上) 昭和の純喫茶を楽しむ
https://www.sanyonews.jp/article/1168621?fbclid=IwAR0gxi6FO6qESykWrn8vb09MZKgKugbvyC4EiHq1QWVV1ZBHToJdlwvBbxM

水島のニューリンデンを訪ねて(下) 福田史談会の活動を探る
https://www.sanyonews.jp/article/1169117?fbclid=IwAR0gDMeg8VIXIh4L_xtK3dSy7lissQSXcOu2vlJ-LEMHa6zHfu2aUgo_XOo

2021年7月8日
岡山市立高島中学校3年生の修学旅行の受け入れを行いました。
倉敷市環境学習センターで水島の歴史についてみずしま財団の藤原が説明をしました。
IMG_0401.jpg
亀島山地下工場を保存する会副会長の吉田さんから、亀島山地下工場の説明がありました。
IMG_0411_2.jpg
亀島山地下工場は三菱重工業の水島航空機製作所の疎開工場跡です。倉敷中央高校の社会問題研究部によって亀島山地下工場の記憶が聞き取りをはじめたことで、この工場が作られていった過程や記憶が明らかになって、語り継ぐ会が測量調査などを行い、亀島山地下工場を保存する会が設立されています。
IMG_0443.jpg

語り継ぐ会が作った手作りの展示から、工場で働いていたのが中学生ぐらいの若い世代だったことを学びます。
IMG_0473.jpg
地下工場の入り口です。
IMG_0492_2.jpg
実際に入ってみると、広いことがわかります。中は湿気が多いです。足元もすこし水が多いです。
IMG_0525.jpg
吉田さんによる丁寧な説明で、地下工場の中に残されている遺構を詳しく学んでいきます。
IMG_0569.jpg
最後は、石碑を見て、見学終了です。
現場の力強さを感じた研修でした。この経験が、平和や開発について考えるきっかけになってくれればと願っています。(林)

2021年6月14日(月)

4年生3クラスにて、みずしま財団の塩飽さんとの中平さんによるSDGsとごみについての授業を倉敷市立第四福田小学校で行いました。4年生3クラスで実施です。

第四福田小学校は学校全体でSDGsを学ぶことを掲げており、「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」(事務局:みずしま財団)が協力することになりました。

最初に塩飽さんからSDGsの説明をした後、瀬戸内海での海ごみ事情について伝えました。海ごみの写真を見た4年生から驚きの声があがりました。

中平さんから、ごみの現状についてクイズ形式で問いかけがあり、日本人が出しているごみの多さにみんなびっくり。食品ロスやエネルギーについて考え、一人一人ができることの問いかけを持って授業が終了しました。

IMG_3649.jpg

IMG_3678.jpg

新型コロナウイルスの緊急事態が発生中ですが、「世界一の環境学習のまち みずしま」にむけた取り組みを着実に実践していきます。環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会では、授業のサポートをしますのでぜひお声掛けください。

みずしま滞在型環境学習コンソーシアム主催のモデルツアーを

11月23-24日(土-日)に開催します。

今回は、「コンビナートと隣り合うまちと農漁業の今」をテーマに、

漁業者との交流や、水島での木村式自然栽培の取り組み、

まちの活性化を目指した取り組みを通じて、持続可能な地域づくりに

ついて 学びます。

コンビナートクルーズや、地元の食材を活かした食事もあります。

まちづくりや農漁業の現状を通じて、持続可能な地域づくりを実際に体験しませんか。

詳細は、添付のチラシをご参照ください。

ぜひ、ご参加ください。

2019.11.23-24 chirashi omote.jpg

2019.11.23-24 chirashi ura.jpg

水島について学び、水島の学びを支える人材育成を目指した

連続講座「水島学講座」の国際編を8月16日(木)に開催します。

今回は、水島と世界とのつながりを学び、異文化への理解を深め、

環境とエネルギーを地域で考えます。

海外でのご経験も豊富なお二人の講師から、 普段知ることのできない

海外と水島とのつながりや 再生可能エネルギーの最新動向をご紹介いただきます。

お盆の時期ではありますが、きっと新しい発見に出会えること 請け合いです。

ぜひご参加ください。

【開催概要】  

日時:8月16日(木) 13:30~15:30  

場所:水島家守舎NAdia ゆとろぎ館(水島東常盤町10-8)  

参加費300円(資料代)  

定員:20名(先着)  

対象:水島地域の中学生・高校生      

水島と世界とのつながりに関心のある市民  

内容:講演①コンビナートと世界のつながり

       講師:古川明氏(水島家守舎NAdia adviser)

    講演②海外での再生可能エネルギーの取組

        講師:松本照生氏

          (おひさまエナジーステーション株式会社 代表取締役社長)

20180816 mizushimagaku.jpg

昨年8月7日(日)に水島連島地区で開催した「バイクビズ・みずしま
親子で水島のいいところを探そう!」イベント(主催:環境学習を通じた
人材育成・まちづくりを考える協議会)で参加者が撮影した写真を
水島臨海鉄道車内で展示します。

本イベントは、「水島いいとこ探し」で地域住民から挙げられたいいところを
実際に訪れることで、地域の魅力を再発見し、地域への愛着を育むことを目的に開催しました。

ぜひ、水島臨海鉄道に乗って、参加者のユニークな視点で撮影された水島(連島)の写真をご覧下さい。

展示期間:2月10日(金)~20日(月)までの11日間。

1両の車両の中吊りに作品を展示しています。
展示車両の運行時間は、以下の通りです。

倉敷方面(上り)        水島方面(下り)
 水島駅 10:31発        倉敷市駅 11:00発
      11:31発              12:00発
      13:51発              14:20発
     14:51発              15:26発
        
 ※運行時間は変更になる場合があります。水島臨海鉄道のHPでご確認ください。

PC210417.jpg

PC210422.jpg

※写真は、2014年に実施した時の様子です。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

3月6日(日)に開催した「水島のまちを語り合う座談会」に
先だって、水島のまち歩きを行いました。

前日から引き続きの方やこの日からご参加の方など
13名の参加がありました。

まずは、水島臨海鉄道常盤駅に集合し、自己紹介。

P3060881.JPG

駅を出発し、鉄道高架沿いを歩きながら
水島のまちの成り立ち、鉄道とのつながり、アート回廊の
お話などをしました。

その後、栄町から八間川通りに出て、八間川の解説も
行いました。

再び商店街に戻ってからは、メイン通りだけでなく、
裏路地も散策しましたが、表通りとはまったく異なる
雰囲気のまち並みに皆さん興味津々でした。

P3060884.JPG

商店街は、シャッターが目立ちますが、裏路地も
空き家が目立ち、そんな中で水島でもリノベーションの取り組みが
始まっていることなどを「水島の未来を考える会」会長の
岡野弘さんにご紹介いただきました。

最後に、浜野清正堂さんに寄らせていただき、おかみさんに
水島のまちの移り変わりやまちに対する思いをお伺いしました。

ゆったり、のんびりとしたまち歩きでしたが、
この後の座談会に向けて、参加者の皆さんが水島のまちの現状や
課題などについて、改めて認識していただく機会となりました。

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

桃の節句の3月3日(火)、第7回目となる
「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を開催しました。

今年度の最後ということで、活動報告と成果の共有を行い、
今後の具体的な方針について事務局からの案を基に
メンバーで意見交換を行いました。

今後に向けての課題やアイデアが出てきました。

未来ビジョン「世界一の環境学習のまち みずしま」実現に向け、
これからも着実に取組を進めていきます。

P3036304.jpg

みなさんこんにちわ。みずしま財団研究員の塩飽です。

1月25日(日)に開催する地域報告会のご案内です。


現在水島では、市民と企業、行政、大学等が連携して、水島の学びの
資源を活かし若い世代の人たちを育てる取り組みが始まっています。

本報告会では、大学生による水島地域を題材にした、体験学習などの
実践型の学びの報告を行い、持続可能な地域づくりと人材育成について
考えます。

産官学民、様々な主体が連携した地域づくりや、水島の未来、
子どもの学びや成長に関心のある方、ぜひご参加ください!

詳細は、案内チラシをご覧ください。

(開催概要)
日時:2015年1月25日(日)13:30~15:30
会場:倉敷市環境学習センター 環境学習教室
    (倉敷市水島東千鳥町1番50号)
対象:産官学民の連携した地域づくりに関心のある方
   水島の未来に関心のある方
   子どもの学びや成長に関心のある方
定員:50名
参加費:無料

お問い合わせ・お申込み先:
 みずしま財団 TEL:086-440-0121
        webmaster@mizushima-f.or.jp
        http://www.mizushima-f.or.jp

 ※本報告会は、環境省「地域活性化を担う協働取組の加速化事業」として開催します。

 

img-114170602-0001.jpg

水島地域の活性化に向けたまちづくりのワークショップを開催します。

子どもにとって地域での自然体験は、子どもの育ちにとって大切な役割を果たすとともに
それがやがて地域への愛着を育み、地域の活性化につながります。

今回のワークショップでは、子どもさんが地域の公園で楽しめるプログラムを事例に
定期的に地域に子どもが集まり楽しい声が聞こえるまちづくりについて
みんなで一緒に考えたいと思います。

どうすればより多くの子どもたちが地域を訪れ、何をすればみんなが楽しく
参加し続けられるのかについて話し合いましょう。

ぜひ、皆様のご参加をお待ちしています!

 

開催概要

日時:2014年11月22日(土)10:00~12:00

場所:倉敷市環境学習センター 環境学習教室

対象:幼稚園の教諭、保育園の保育士、幼稚園児・保育園児の保護者、

幼児教育・保育学専攻の大学生、水島のまちづくりを担っている方

定員:30名(先着順)

合わせて、11月29日(土)に延期になりましたカメラマン体験イベントも、

参加者募集中です。

こちらもぜひ、ご参加ください。

 

img-Y12172543-0001.jpg

1  2  3  4

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき